9月 14

体の中からキレイに

肌を清潔に保つことは最低条件ですが、体の内側からニキビができにくくなるように生活を改善するようにしましょう。先にお伝えしたように、肌トラブル以外が原因でできるニキビもあるので、これら体内環境が原因と考えられるものを緩和・改善が期待できる食品や栄養素を紹介します。

まず肌のためには主食、主菜、副菜をバランスよく摂ることが重要です。それにプラスで注意するとよいのが、皮脂の分泌を抑える「ビタミンB2」を多く含む乳製品や卵類、「ビタミンB6」を多く含む緑黄色野菜や魚類を気にして摂るようにしましょう。肉類でも動物性の脂肪を多く摂るのは控えてください。乾燥肌には「ヒアルロン酸」が豊富な軟骨、肌の代謝を活性化する「亜鉛」を含む牡蠣やレバー、牛肉の赤身がおすすめです。

対内や精神・神経などのソフト面で考えるなら、ストレスやホルモンバランスに注目します。ストレスに聞く食材の代表「カルシウム」が豊富な乳製品。カルシウムと一緒に「マグネシウム」「タンパク質」を摂るのも効果的です。マグネシウムはメイプルシロップにも含まれているので、パンケーキなどがおすすめです。

美味しく食べて体の中からキレイになって、ニキビや体の不調とサヨナラしましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

9月 12

自分でできる対策

化膿したり、大量にできてしまった場合は、皮膚科などの専門機関で専門家にお任せするのが良いでしょう。しかし、先にもお伝えしたとおりニキビは突然現れます。そして、その出現回数や時期を、正確にコントロールすることも難しいものです。ニキビができそうな時やできてしまった時に、自分ですぐに対処できると治りも早くなります。

では、ニキビができてしまった時の対処法をみていきましょう。できてしまったニキビを効果的に治療する薬の成分は、その症状によって変わるので薬局で薬を購入する際は薬剤師へ相談してください。

薬以外では、生活習慣を変えることで症状の改善を期待できます。顔の上部「おでこ」にできる場合は、睡眠不足や疲労、ストレスが原因と言われるので、まずはゆっくりと寝てストレスリリースすることを心がけましょう。顔の中央部「ほほ」にできる場合は、食事のバランスが原因です。カロリーや脂質、糖質の多い食事は控えめにして、野菜を中心とした食事をしばらく続けるといいでしょう。

体にできるニキビは、基本的に皮脂により毛穴が塞がってしまい不衛生になったことが原因です。あなたはシャワーだけで済ませていませんか?湯船に入って毛穴をしっかり開き汚れを取り除くよう、心がけてください。日頃のスキンケアはとても大切です。乾燥で余分な皮脂が出ることが毛穴を塞ぐ原因にもなりますので、保湿がしっかりとできるスキンケア化粧品を使うようにしましょう

≪参照リンク≫みんなの肌潤糖

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

9月 11

他の病気のサインかも

まず、ニキビがいったい何者なのか、よく知ることが必要です。ニキビは「肌の病気」です。そして、できる場所によっては「他の病気を示すサイン」にもなります。

「肌の病気」「肌トラブル」としてのニキビができてしまった時、メイクができなくなったり髭剃りの際にケガをすることも。体にできたニキビでは、大きく化膿してしまい痛みや熱を持つ場合もあり、お尻にできたニキビはデスクワークの人にはかなり辛いものでしょう。胸や背中、腕や足にニキビ跡が残れば、肌が見えるようなオシャレは楽しめません。このような一般生活におけるネガティブな要素は、探せばきりがないのはみなさんご承知のとおりです。

もうひとつ、気にかけてほしいのは「他の病気を示すサイン」としてのニキビです。頻繁に「あご」にできる場合は、胃腸が弱っているサイン。そして女性の場合は、婦人科系の病気の可能性もあります。市販の薬を使ったり皮膚科を受診したりしてもなかなか治らない場合は、婦人科を受診することも考えてみてください。なかなか治らない場合に考えられる原因は「ホルモンバランスの乱れ・崩れ」で、これは婦人科を受診するとすぐにわかります。検査は血液検査でだいたい5,000円でうけられます。ホルモンバランスが崩れると「自律神経失調症」などの生活に支障をきたす病気になる可能性が大きいので、なかなか治らない場合は受診することをおすすめします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

9月 08

ニキビ菌の脅威

冬は夏と違い汗ばむこともなく、あまりニキビとは関係がない季節のように思っているのではありませんか? ところが、それが大間違い。冬は空気が乾燥しているため、想像以上に皮脂が分泌されています。その上、外が寒いからと厚着をして出かけると……電車や会社、レストランや雑貨・洋服などのショップと、暖かい暖房が厚着のせいで暖かいを通り越して暑くなり、汗だくに。乾燥して肌の水分や油分コントロールがうまくいっていない無防備な肌に、汗や皮脂を栄養にするニキビの元「アクネ菌」「マラセチア菌」が大繁殖。大きなダメージを与えてしまいます。

ニキビというと、顔や背中をイメージするかもしれませんが、体中いたるところにニキビは現れます。あなたが気づいていないところにも、実はニキビができているかもしれません。実はニキビの元になるアクネ菌やマラセチア菌は、人の体に常に存在している常在菌の一種です。そしてこの菌は、皮脂などにより塞がれた毛穴を好みます。毛穴は全身に存在し、菌も常に体内に存在しているので全身にニキビができるのです

顔にニキビができたときは、本当にうんざりしますね。女性ならメイクにも影響が出ますし、男性も髭を剃るときにカミソリで切ってしまうこともあります。ニキビのメカニズムを理解し、そのニキビに対処しないとどうなるのか? 一緒にみていきましょう。正しく対処できるようにして、ストレスのないキレイな肌を手に入れましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket